日本気象学会2021年度秋季大会にて口頭発表

2021年12月7日

2021年12月2日(木)〜8日(水)の期間、オンライン及び三重大学にて実施されました「日本気象学会2021年度秋季大会」にて、下記の内容の通り口頭発表を実施しました。


1. セッション名称

専門分科会2「宇宙からの風観測が拓く未来」


2. 講演タイトル

産官学共創プロジェクトによる衛星搭載ドップラー風ライダーミッションの検討(航空機利用編)


3. 内容

2019年1月よりJAXAとANAホールディングスとの共同で新たな発想の宇宙関連事業の

創出を目指し活動している、宇宙イノベーションパートナーシップ(J-SPARC:JAXA

Space Innovation through Partnership and Co-creation)の検討状況、衛星搭載ドップラー

  風ライダーシステムによる航空機運航への影響、現在提案中の衛星システムについて

  発表しました。


貴重な機会をいただきありがとうございました。

聴講者の皆様、スタッフの皆様へ感謝いたします。